MESSAGE
メッセージ

新年明けましておめでとうございます

 

令和3年の新春を迎えるにあたり、謹んでお慶び申し上げます。

昨年は、政府の一員である経済産業大臣政務官として、多くの重要な仕事に従事し、

我が国で初となる制度の具現化などに粉骨砕身取り組みました。

しかし、まだまだ支援が行き届いておらず、多くの中小企業・小規模事業者が存続の危機に直面していることも理解しております。

この未曾有の危機を乗り越え、中小企業・小規模事業者の皆さまが再び夢や希望を抱ける地域社会を構築できるよう、

私自身もこれまで以上に専心努力致します。

結びに、全国の中小企業・小規模事業者の皆さまにとって、本年が明るく佳き一年となりますことを心よりお祈り申し上げます。

宮本周司はなぜ参議院議員なのか

宮本しゅうじ議員
自由民主党石川県参議院比例区参議院議員。私自身、そんな立場になることは想像もしていませんでした。造り酒屋で生まれ、やんちゃな時期もありながら家業を継ぎ、次第に見えてきた小規模事業者を取り巻く現実。商工会青年部での活動を通じて、それが全国共通の問題であることを知り、頑張っても報われない状況が、知られることなく放置されていることに危機感を抱きました。“誰かが声をあげなければ”の想いは“誰かを待つのではなく気がついた者がやるべきだ”に変わり、参議院議員選に出馬。平成 25年の初当選以来、同じ立場の皆さんの代弁者として、そして政治との距離を近づける橋渡し役を自任し活動しています。

宮本周司はなぜ小規模事業者と向き合うのか

日本の全事業所数の85%を占めながら、中小企業と一括りにされ、国の施策が大企業に偏重する中で、日本経済の活況を下支えし、地域でなくてはならないサービスを生み出してきたのが小規模事業者。成長に翳りが見え出すと、真っ先にその影響を被るのも彼らです。「地方創生も地域に根差す“知られざる英雄”たちの力なしでは絵に描いた餅に過ぎない」そのためには地域を愛し、商売を越えたプラスアルファを生み出してきた小規模事業者が安心した経営を続ける仕組みが不可欠だと、同じ思いを持った全国の仲間とともに奔走。その結果、国が初めて真正面から小規模事業者の価値を認め、これからの主役と位置付け支援する『小規模企業振興基本法』が公布・施行されたのです。
宮本しゅうじ議員

今どんな変革が起きようとしているのか

宮本しゅうじ議員
小規模基本法は国からのエールだけではなく地域連携、人材確保・育成、経営改善、事業承継など小規模事業者の背中を押すきめの細かい数多くの施策も含まれています。すでにこれらを活用し勢いを増している事業者もいますが、まだまだそのことを知らずに課題を抱え込んでいる事業者もいます。
このチャンスを生かすかどうかに、小規模事業者と地域の未来がかかっています。国が投げかけた期待に何で応えるか。それはあらゆる制度を利用して、商売を繁盛させること。そこで生まれる活力は必ずや地域をも活性化させます。「みんなが主役」は一見、使い古されたフレーズですが、いま小規模事業者には本当にスポットが当たる舞台があるのです。多くの小規模事業者が足元を見つめ直し、まなざしを受け止め、チャンスを生かし、未来への使命を見つけた時、この国に大きなうねりが生まれることは間違いありません。共に悔いなく、やれることをやりましょう

宮本しゅうじ対談


サポーター募集

SNSやブログ、メールマガジンなどを活用し、宮本しゅうじが普段考えていること・感じていることや活動内容に関する情報をお届けします。ご希望の方は以下のリンクからお申し込みください。
宮本しゅうじサポーター募集Line
宮本しゅうじFacebookページ
宮本しゅうじサポーター募集Line